List of Recent Papers (2016-)


□ Discrete Change in Magnetization in Chiral Magnet Cr1/3NbS2/ J. Phys. Soc. Jpn. 85, 13707 (2016).

□ Uniaxial strain effects on superconducting transition in Y0.98Ca0.02Ba2Cu4O8/ J. Phys. Soc. Jpn. 85, 24711 (2016)
.

Phase diagram of chiral magnet Cr1/3NbS2 in magnetic field/ Phys. Rev. B 93, 104402 (2016).

□メソポーラスシリカ中に形成されたナノスケール磁性体の構造物性の研究/ 日本結晶学会誌58, 85 (2016)

Contactless electrical conductivity measurement of metallic submicron-grain materia/ Rev. Sci. Instrum. 87, 053905 (2016).

Size Dependence of Discrete Change in Magnetization in Single Crystal of Chiral Magnet Cr1/3NbS2/J. Appl. Phys. 120,053905 (2016).

Large enhancement of superconducting transition temperature in single-element superconducting rhenium by shear strain/Scientfic Reports 5, 36337 (2016)

Pushing TC to 27.5 K in a Heavy Atom Radical Ferromagnet/ Chem. Commun. in press.

Topics

【プレスリリース】レ二ウムの強ひずみ加工効果の論文がScientfic Reportsに公開されました(2016.11.4)
 大学ジャーナル(11/7),日経テクノロジーonline(11/8)で紹介されました。

・非接触電気伝導測定の論文をRev. Sci. Instrum.に発表しました(2016年5月)。
・鶴田一樹氏がキラル物性奨励賞を受賞しました(2016年3月)。
・銅酸化物超伝導体のマイスナー信号を消失させることに成功しました。(JPSJ 2014)
・銅酸化物超伝導体の薄膜に対して圧力実験を成功させました。(APL 2014)
・30GPaまでの高圧力下磁化測定の研究成果がPhys. Rev. B(2013)に掲載されました。
・有機 (弱)強磁性体の転移温度の世界記録を更新しました。(Chem. A Eur.J.のVery Important Paperに選ばれました。2012年)     
ページのトップへ戻る