List of Recent Papers (2016-)


□Discrete Change in Magnetization in Chiral Magnet Cr1/3NbS2/ J. Phys. Soc. Jpn. 85, 13707 (2016).

Phase diagram of chiral magnet Cr1/3NbS2 in magnetic field/ Phys. Rev. B 93, 104402 (2016).

Contactless electrical conductivity measurement of metallic submicron-grain materia/ Rev. Sci. Instrum. 87, 053905 (2016).

Size Dependence of Discrete Change in Magnetization in Single Crystal of Chiral Magnet Cr1/3NbS2/J. Appl. Phys. 120,053905 (2016).

Large enhancement of superconducting transition temperature in single-element superconducting rhenium by shear strain/Scientfic Reports 5, 36337 (2016)

Pushing TC to 27.5 K in a Heavy Atom Radical Ferromagnet/ Chem. Commun. 52, 13877 (2016).

Uniaxial strain effects on Re-doped Hg-1223 cuprate superconductors/ Phys. Rev. B 95, 645032 (2017).

Contactless measurement of electrical conductivity for bulk nanostructured silver prepared/ J. Appl. Phys. 122, 125105 (2017).

XMCD Magnetization in Microprocessed Chiral Magnet Cr1/3NbS2/ Phys. Rev. B 97, 024408 (2018).

Topics

キラル磁性体におけるソリトンの出し入れに関する磁気測定の論文を発表しました(PRB2018)
非接触電気伝導測定によって巨大ひずみの拡散現象を定量的に追跡することに成功しました(JAP2017)
【プレスリリース】水銀系銅酸化物超伝導体の一軸圧縮効果の論文がPhys. Rev. Bに公開されました(2017.2.8)
 日本の研究.com (https://research-er.jp/articles/view/55982) で紹介された。
・有機強磁性体の転移温度の世界記録を更新しました。(Chem. Commun. 2016)   
【プレスリリース】レ二ウムの強ひずみ加工効果の論文がScientfic Reportsに公開されました(2016.11.4)
 大学ジャーナル(11/7),日経テクノロジーonline(11/8)で紹介されました。

・非接触電気伝導測定の論文をRev. Sci. Instrum.に発表しました(2016年5月)。
・鶴田一樹氏がキラル物性奨励賞を受賞しました(2016年3月)。
・銅酸化物超伝導体のマイスナー信号を消失させることに成功しました。(JPSJ 2014)
・銅酸化物超伝導体の薄膜に対して圧力実験を成功させました。(APL 2014)
・30GPaまでの高圧力下磁化測定の研究成果がPhys. Rev. B(2013)に掲載されました。
・有機 (弱)強磁性体の転移温度の世界記録を更新しました。(Chem. A Eur.J.のVery Important Paperに選ばれました。2012年)     
ページのトップへ戻る